【車でドライブ】たけべの森公園 しだれ桜のトンネル(岡山市北区建部町)

▼カメラ・写真

今回も桜の記事です(自転車はなし)

「サラちゃんは、桜の記事書くのやめへんでぇ!!」

こんばんは、サラピエです。前回の記事で桜記事は最後って言ってましたけど、まだ続けます。あれ実はみんなに協力してもらったドッキリだったんですよ、ビックリしたぁ?

自分でもブログを書いた後に気が付きました、桜への執念深さに。なんたって将来の夢は、日本の桜前線を沖縄から北海道まで追いかけることですから。

そういうわけで、今回の目的地にレッツラゴー。

目的地は、たけべの森公園

岡山市北区のはずれにある「たけべの森公園」は、岡山駅から約35kmとまぁまぁ遠いです。ルートはいくつかありますが、どこを走っても60分ほどかかります。

園内の詳細については、公式HPをご覧ください。
たけべの森公園 -季節を感じながら様々な遊びを楽しめる公園です-

入園料が大人300円小人200円必要でして、ドライブスルー方式で支払いを済まします。支払い後、入園ゲートから5分ほど山道を登って第1駐車場にやってきます。

車から降りると目の前には、芝生の広場としだれ桜があるじゃございませんか!!「いやいや、慌てるな。先日の愚行を忘れたかのか?」と自分に言い聞かせて一呼吸置きます。

2回連続で、撮影スポット迷子に陥るわけにはいきません。という事で園内の散策開始!散っ!!

園内の散策開始

まず慣れぬ場所で私が一番参考にするのが、総合案内版。これほど簡潔に全体像を把握できる物はあるまいと悦に浸っていたら、もらったパンフレットにも同じものが掲載されていました。

わかってるじゃん、たけべの森公園。

何か困ったことや、キャンプの申し込みをする場合は、こちらのサービスセンターへ。

バーベキューガーデンにの他にも、室内の無料休憩所や屋外プールなどの施設もあります。
夏場の賑わいが容易に想像できます。

この後は、サクッと外周を回ってみます。こういう時に予期せぬ風景に出会えたら嬉しいんですよねぇ。

うんうん、

基本的に、

何もない山道だね。

コバノミツバツツジは、綺麗だけどもね。

そりゃ、そうよ。こんな場所なんだもん。

気温の高さと、傾斜のキツさに息があがります。

今のシーズンは、しだれ桜以外見る植物はないので、今日のメインディッシュに向かいましょう。

文字を読む気分でないのか、あんまり頭に入ってきません。

帰宅後ちゃんと読み返すと、京都の名誉ある桜のプロの指導を得て、地元のボランティアの方たちによって植栽されたらしいです。大体あってますよね?赤ペン先生、添削してください。

目的のしだれ桜へ行きましょう

では桜のプロの力を見ておくれやす~。

人は想像より多かったです、特に年配のおばさま方の団体。みなさん、桜を通り抜けた後は、脇でピクニックを開始してましたねぇ。良い天気だし、本当に行楽日和。私もチェアとテーブル持ってくれば良かった。

お~、綺麗♪綺麗♪

正式名称は「八重紅しだれ桜」と言うようで、濃いめのピンクが青空と相まってよく映えます。

ところどころ人の渋滞が起きますが、流れが早いので1~2分待機すれば、ストレスなく撮影できますよ。

満開ピークは若干過ぎている感は否めませんが、花付きがボリューミーのため気になりません。

サクラ・リターン。
「マーちゃん、俺達もう散っちゃったのかなぁ?」
「バカヤロー、まだ咲いちゃいねぇよ。」っていう桜たちの会話が聴こえる。

あれ?

撮影に興じながら進むこと数十メートル、もう端っこに来てしまいました。いつもの如く撮影会でトリップしてしまい、時間の経過を忘れているわけではありません。

想像よりはるかに短い距離でした・・・

園内には100種、約1万5000本の桜が華麗に咲き競う。品種が多いため、長期間花を楽しめるのがポイントだ。2006(平成18)年に命名された「藤右衛門桜の小径」は、1.5kmほどのヤエベニシダレザクラのトンネルになり、幻想的な空間を演出する。

ジョルダン 花見特集2021

藤右衛門桜の小径(1.5kmの八重紅枝垂の小径)は見事な桜のトンネルとなり、幻想的な空間を作りだす。

ウォーカープラス お花見2021

しだれ桜のトンネルが1.5kmも続くような紹介されてますよねぇ?でも実際は数十メートル・・・。
ネットの情報を鵜呑みにして失敗したかぁ・・・。

あと、個人的に感じたのは、枝の剪定の甘さですね。
しだれている具合はもちろん趣きがあるのですが、いらない枝を伸ばしっぱなしにしているため、通路の邪魔になっており、お手入れ不足を感じました。

間違ってたら、すまん!

さて、思いのほか早く終わってしまったので、これからどうしよう・・・

広場をぶらついていると、あることに気がつきます。

あんよを頑張っている子と母親・・・・ではなく、公園の標高の高さに。
はるか向こうの山々が見えます。

おっ、炊事場発見。

広場を挟んで反対側にも発見。

右手奥がキャンプサイトとなるのかな?

まだ、キャンプ使用者はいませんが、夕方になってくると増えてくるのでしょうか?

ゆるキャン△の作者である、あfろ様~。是非、西日本にもおこしくだせぇ~。

シーズンではありませんが、別種類の桜も発見。

撮影おわり

桜のトンネルの規模にはちょっと肩透かしを受けましたが、しだれ桜自体は綺麗で満足感は十分に感じれる公園でした。

一日丸ごと過ごすには施設的に厳しく感じますが、次回の来園時には、お弁当を持ち込んで自然の中でゆったりとピクニックを楽しみたいですね。

今回はこれにておわり。また、次回お会いしましょう。

コメント

  1. サラピエサラピエ より:
タイトルとURLをコピーしました