【カメラ・写真】CANON EOS 6Dmark2 「初めてのフルサイズ機デビュー」

▼カメラ・写真

実は、3週間ほど前に新しいカメラを購入しました。

前々から「一眼のフルサイズ機が欲しいなぁ」とは思ってたのですが、”デカイ・重い”という理由から敬遠しておりました。

でも、SNSなどで圧倒的な表現力の写真を見る機会が多く、ついに手を出してしまいました。

CANON EOS 6Dmark2

発売時期は2017年8月、最新機種ではありませんが、いまだカメラ雑誌でも評価の高い一眼レフ機。

「フルサイズ機の中では入門用、ダイナミックレンジが狭い」という意見をよく目にしますが、個人的にはまだそこのレベルまで達してないので、気にしておりません。

気になり始めたら、ホラ、次のさ・・ヤツをさ・・・


購入時に他に候補にあがったのは、ミラーレス一眼のフルサイズ機2台。

”CANON EOS R6”と”SONY α7iii

正直、”EOS R6”が欲しくて、ミラーレス用Lレンズと合わせて諭吉45人を覚悟していましたが、どこにも本体が無いっ!量販店、ネット、カメラ専門店、どこにも無いっ!

供給が追い付いてないようで、現物確認すら出来ず諦めました。

本当に何やってるんだよ、CANONさん・・・。

”EOS R”も候補にしましたが、辛口の意見が多く見送りに・・・。

もう1台は、ミラーレスの大ヒットモデSONY α7iii

これも「いいなぁ」とは思ったのですが、3年前のモデルで新型も噂されている時期

なにより光学ファインダーが個人的に合わなかったのと、バッテリーの持ちの関係から、チョイスすることはありませんでした。


「今後、市場は縮小するだろう」と何かとディスられる一眼レフ機

しかし、世界的に見ればまだまだ主流。自転車で例えるなら、”ワイドリム化を無理やり推し進めた業界の罠”的な思惑がプンプンするわけで。「ミラーレス移行は、まだ様子見したほうがいいかなぁ」と言うのが正直な感想。

レフ機ならば、本体もレンズも機能的に円熟していて、完成度の高いモデルが多いわけですし。

それに、自転車で1日中、外を走り回るので、一眼レフ機のスタミナバッテリーがめちゃくちゃ頼もしいんですよねぇ。

今まで使用していた”EOS kiss X9

レンズキットは使用することなく、便利ズームと単焦点を買い足して撮影を楽しんでいました。

本体+便利ズームですと、重量は1,000g。

決して軽くはありませんが、ある程度の状況はカバーできるレンズ構成。

今後は売却するか、お散歩カメラにするか思案中。

新しい物を購入したらウキウキしちゃいますよね?

私、子供の頃はおもちゃを枕元に置いて寝るタイプでした。今でも本当はカメラを枕元に置いて寝たいわ~。

ということで、ウキウキしながら夜の港に試し撮りに来ました。重さ1,500gのカメラをたすき掛け、肩に食い込ませながら・・・。やっぱり重いね・・・。

この時はまだ操作に慣れていないので、全てオートにおまかせ。ISO感度は12800が中心、JPEG撮って出し。

実際はもう少し暗かったですが、光センサーがAPS-C機より大型のため「暗さに強い」という言葉を理解しました。

今まで、諦めていたシーンが楽に手持ちで撮影できます。

レンズは、CANONユーザー憧れのLレンズを購入しました。といってもF4通しの中古でそんなには高くないんですがね。

クロスバイク1台買えるぐらいの値段。あれっ?一般の感覚からしたら高いよね?

どの趣味の世界にも沼があるらしく、レンズ沼だけにはハマりたくない。

あとこの写真ピント合ってませんね、ピント合わせは私の弱点。

コンテナ用のリフトが立派なこと。

後ろの赤白の重機は、通称”キリン”と呼ばれています。

さすがに光源のないところは、クロスバイクを被写体にするの無理でした。

自転車用ライトでライトアップ。

今後は、キャンプ用のライトを持参して、被写体を浮かび上がらせて撮影してみたい。

奥に見えるのは、水島臨海工業地帯。

こちらも、ISO感度を上げての手持ちで撮影。本当に暗闇での撮影が楽しい。

この時点で、6Dmark2の重量1,500gにお尻がやられ始ました。レーパン無しでは、キツイので、体が慣れるまでは短い距離から試したほうがよさそう。

梅雨の時期、なかなか走りに行けず、過去picを上げようにも6月は同じような状況で写真がないという始末。

しばらくは、カメラでの試し撮りをあげていきますので、興味あれば見てみてください。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました