【車載輪行】ロードバイクで四国カルストを走る 夕日に照らされる天空の道 2018年6月

四国地方

2018年6月の過去pic。初回訪問した翌年の初夏の画像です。

この時は日帰り。朝9時頃に自宅を出発。「道の駅霧の森」で大福をゲットした後に、フラッとやって来たと思います。

前回は朝陽の四国カルストを紹介しましたが、今回は夕日に照らされる四国カルストをお楽しみください。

愛媛県の四国中央にある道の駅霧の森。高知へ行く高速道路沿いにあるため、一端降ります。ここの大福はめちゃくちゃ人気。清流も綺麗。高知市内から四国カルストまでは、山道を延々と運転します。

高知側から。到着した時点で5時を過ぎてました。やっぱり遠い。

天狗荘さん。スターウォッチングする時の椅子かな?

こちらにも椅子が。この時はバスで団体が泊まりに来てました。

山が一望できます。

やはり四国の山は稜線が険しい。

お馴染みの県境。

姫鶴平に向かいます。

結構な坂なので、普段運動しない人には厳しいかも。

2回目だから、しっかり久万(くま)と読めます。

この辺りはやっぱりスイス感が強い!

1カメ。

2カメ。

3カメ。全方向から愛車を激写できてご満悦な私。

中間地点には標識があります。

風車の麓の道からやってきました。

夕方のモグモグタイム。

白と緑の競演featuring夕日。

ハイジとペータはどこ?

私と同じ、ボッチの牛発見。友達になれそう。

とうちゃこ。

キャンプサイトは今日も人気。

生まれ変わったら、もうここの牛になりたいわ。

夕日がまぶしい。

泣きたくなるような景色。

この時間帯のことを「ザ・マジックアワー」って言うんですって。

三谷幸喜先生の映画ザ・マジックアワー面白かったなぁ。

白いほうが私のエヌボックス。
この時点で19時30分。2時間、四国カルストを楽しみました。

おわり。

コメント

タイトルとURLをコピーしました