サイクルウェアではないけど、自転車で使えるワークマンの冬用アイテム3選を紹介。「レーパンとの併用で温かい」

▼自転車グッズ

こんにちは、サラピエです。

自転車の大敵と言えば”風”。

最近のロードバイクは流体力学に基づくフレーム設計がされていますし、ロードレースのチーム戦略も空気抵抗をもとに考えられていますよね。

「無風かどうか?」「向かい風かどうか?」風の状態によって1日の快適度が、雲泥の差になるので本当に無視できない要因です。

冬の場合は、風に寒さが加わるので、防寒対策は必須。冷風は体力を奪いますし、運動強度をあげないロングライドやポタリングでは、体が冷えたままといこともしばしば。

そこで、今回は、コスパ重視で費用対効果の高いアイテムを紹介。

上半身は色々と選択肢が多いので、下半身に焦点を縛ります。寒いけどレーパン1枚で我慢している人に読んで欲しい内容になっています。

ワークマンの自転車用でないけど自転車で使えるアイテム、めちゃくちゃ便利でした。

スポンサーリンク

サラピエがメインで使用しているパールイズミのレーパン

多くの方が使っているであろうパールイズミの冬用レーパン(タイツ)。私も愛用者であり、ファンでもあります。

海外メーカーなど使っていた時期もありましたが、結局は「サイズ感、入手性、価格」を考えるとパールイズミを選んでしまうんですよねぇ~。ユーザーのスタイルに合わせたパッドの種類の多さも魅力の1つ。

裏起毛のフリース生地にパッドがついており、風を通すタイプが10℃対応。風を通さないタイプが5℃対応、風を通さず保温層を厚くした0℃対応と、温度別にモデルが分かれております。

お腹の締め付けが苦手な方には、ワイドタイプやビブタイプがあるのでそちらを選びましょう。

レーパン1枚だけでは寒いときがある

夏でも冬でもレーパンは1枚で使用、「素肌に直接履くこと」が推奨されています。

ただ、それだと通気性を重視しているウェアですので、0~5℃の時は非常に寒い思いをします。雪が舞い散る天候の時なんて、漕いでも漕いでも冷風が体に入ってきて寒いのなんの。

アンダーウェアのタイツを履いていた時期もありましたが、ゴアゴアするし、ペダリング時に膝が窮屈なので、自然と出番が少なくなりました。

高機能アンダーを上下で揃えたいとなるのが人の心ですが、自転車用途だけなら上半身のみで必要十分。

ワークマン 薄手のウィンドブレーカー素材 価格1,000円

そこで購入したのが、みんな大好きワークマン。高性能で低価格なアイテムが多く、最近はいつ行っても人気ですね。

今回は3品を購入。1つめは薄手のナイロン生地のパンツ。特に特筆するような機能はありません。

ペダリング用の立体裁断はされていないので、試着して大き目を購入しました。

裏生地はペラペラなナイロン素材。ベンチレーションや透湿性はありません。

ペラペラと表記すると悪い印象に取られますが、ここでは良い意味のほうね。

薄い生地でも、しっかりと風は防いでくれました。

タイツの上から履いて、風をシャットアウトするだけで「こんなにも変わるのか?」という印象。

無駄な機能がないので、薄くて軽量コンパクト。

不必要ならバッグ類にしまっておけますし、購入してからは、いつも持ち歩くようになりました。

ワークマン ミドルパンツ 価格1,500円

次に購入したのが、ミドルパンツ。

こちらは、膝上部分以外は中綿が使われていて、保温性バツグン。

氷点下~0℃の時に試走しましたが、下半身が温かく凄く快適でした。

太もも部分までは、中綿が入っているため、裏はナイロン生地のまま。膝上部分だけフリーズ生地になっています。

なぜ、ミドルにしたかというと、ロングタイプだと膝周りが窮屈に感じたため。

やはりサイクルウェアで無いぶん、伸縮性や立体裁断に関しては妥協しなければなりません。

ワークマン レッグウォーマー 価格500円

3品めに選んだのがレッグウォーマー。

レッグゥーマー以上でもないし、レッグウォーマー以下でもない。

ただただ、ひたすらにレッグウォーマー。

ひざ下から足首までをスッポリ包んでくれます。

下半身、特にスネあたりは寒さを感じにくい部分と言われています。

なので、風を通す伸縮性のある生地ですが、裏起毛のフリースがあれば十分に温かさを感じました。

3,000円もあれば、十分な防寒対策ができるワークマン

というわけで、今回、購入した3品の合計金額は3,000円。サイクルウェアの高価さに慣れていると「安っ!!」となる金額ですよね~。

どれも自転車用ではありませんが、組み合わせやサイズで工夫すれば、十分にレーパンと併用できるアイテム。おかげで、朝晩の気温が低いときにも快適にライドが出来ました。

まだ数回しか使用してないので、耐久性に関しては未知数な部分がありますが、シーズン毎に購入しても負担にならない金額なのが嬉しいところ。

レーパンは1枚で履くものと意地を張らずに、もっとはやくに購入しておけばよかった~。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました