【自転車のハンドルがガタつく原因はステムかも】ロードバイクの調整方法

メンテナンス
悩む人
悩む人

ロードバイクに乗っているとハンドルのガタつきがでてきた!

ショップに行く暇はないし、自分で直す方法を知りたい。

こんな方にオススメの記事です。

この記事で分かること

  • 自転車のハンドルを固定するための構造。
  • ハンドルのガタつきには2種類の原因がある。
  • ロードバイクの場合、六角レンチで簡単に直せる。クロスバイクはケースバイケース。
サラピエ
サラピエ

ロードバイクが大好きなサラピエ(@sarapie)です。

自転車歴が長私が、体験談をもとに解説します。

スポンサーリンク

ロードバイクのハンドル周りの構造を理解する

引用:ロードバイクメンテナンス入門P70

ロードバイクをはじめクロスバイクなどのスポーツ自転車は、上記のようなヘッドパーツ群で構成されています。

フロントフォークのコラムという部分に色々と被せていき、最後にトップキャップを取り付け。

一番上から圧力をかけて全体の固定を行います。(緑色部分)

玉当たり調整の方法

このトップキャップの締め込みを玉当たり調整といいますが、強すぎても弱すぎてもダメなんです。

  • 締め込みが強い ⇒ ハンドルがゴリゴリする。
  • 締め込みが弱い ⇒ ハンドルがガタつく。

力加減の目安は、ボルトを締めて抵抗が出始めてから1/8ほど回転させること。昔は「六角レンチの長い方を差し込み、短いほうを指3本で締める」なんて言い回しがあったぐらい。

共通しての意味は「軽く締める」ということですね~。

ハンドルのガタつきには2種類の原因がある

ヘッドキャップの締め込みが甘い

では、実際に作業していきましょう。使用する工具は六角レンチ(アーレンキー)のみ。

まずは、ステムを固定しているクランプボルト2本を先に緩めておきます。上下2本を交互に緩めて、均等に力がかかるようにするのが鉄則。

あとは、ヘッドキャップを絶妙な力加減で締めます。前輪のブレーキをかけてロードバイクを前後に揺すってガタがなければOK。

お疲れ様でした。

詳細は別記事で解説していますので参考にしてください。

9割以上の人が、この作業で問題は解決したはず。

ボルトを固定するナットやプラグが緩んでいる

さて、問題はここから、上記の方法でもガタつきが解消しない場合。今回の私がそうで、ゴリゴリになるぐらい玉当たり調整しても、なんか微妙にガタつく・・・。

問題は、ボルトを受ける台座のほうが緩んでいました!!😳

増し締めで緩みを解消!固定力を復活させる

ステムとハンドルをフォークから分離。コラムをむき出しにしてみました。

この銀色の部分は、プレッシャーアンカープラグと呼ばれ、主にカーボンコラムに使用されます。

上から見ると問題なさそうに見えますが、横からみると原因が一発で分かりました。

コラムの上部から、5mmほどプレッシャーアンカープラグが飛び出ていたんです。

台座としての固定力が足りなかったため、上に引っ張られる力に負けた模様。

ハンマーで奥までしっかりと押し込みます。その時にファイバーグリップというカーボン専用の滑り止め剤を塗れば安心。摩擦力が強まりますので。

created by Rinker
フィニッシュライン
¥1,440(2023/01/29 10:46:25時点 Amazon調べ-詳細)

このプラグの中心に、六角レンチを差し込み、時計周りに締め込んでいきます。

ボルトが締まっていくと、内部で金属の板が膨らみ固定力が発生

コラムはカーボンで構成されていますので、トルクレンチを使用したほうが安心安全。

created by Rinker
トピーク(TOPEAK)
¥2,028(2023/01/29 19:39:27時点 Amazon調べ-詳細)

トルク指定でヒヤリ!トルク管理の重要性

引用:GIANT

ここで嫌な事案が発生!

私はね~、愛車のTCRのコラムがなぜが金属と勘違いしていて、六角レンチを不用意に締めてしまったんですね~。そしたら「メリメリ~」と音がしたんですよ。全身の血の気が引くのを感じました。

「ついに私もやっちまった~」と超絶後悔。そっこうでググってGIANTの指定トルクを調べました。プレッシャーアンカーは4~6Nmの記載。

音が鳴ったのは3Nmの時点。プラグを引き抜き、中身を確認、コインチェックもしてみましたが、問題なさそう・・・。

はぁ~、よかった・・・。どうやら固着していたプラグの可動部分から音がした模様。

ビックリさせんなよ~。

フォークヘッドセットの種類

カーボン向けのプレッシャーアンカープラグ

カーボンのロードバイクに採用されている方式。

コラムの表面にボルト受けがあり、出し入れは自由で微調整も可能

これが緩んでいるだけならば、自分で直すことは簡単。ただし、固定する際はトルク管理が必要。あまり締めすぎるとカーボンが割れて破損します。

各メーカーから色々と発売されていますが、シマノからもPROブランドで販売中。

金属向けのスターファングルナット

アルミのロードバイクやクロスバイクに採用されている方式。

ナットを専用の圧入機で打ち込みます。一度入ってしまったら微調整や取り出しは不可。なので、なにか不具合があればショップに持ち込むことをオススメします。

ナットが安く工具が高いので、生産工場やショップ向けの構造。

と思ったら、最近は工具自体も安くなってました~。

ハンドルのガタつきは玉当たり調整と締め増しで直せる

最後に、本記事の要点をまとめました。

ハンドルがガタつく2つの原因

  • ほとんどのケースが、トップキャップの玉当たり調整が甘いことが原因。
    1/8回転の力加減をマスターしましょう。
  • それでも解決しない場合は、ヘッドセットを固定するための台座が緩んでいる可能性が高い。

    ⇒①プレッシャーアンカープラグならば、増し締めで対処可能。

    ⇒②スターファングルナットは、ショップに持ち込むか専用工具が必要。

ハンドルのガタつきを放置すると、ゆくゆくはハンドルが抜けたりする危険性があります。走行中ならば落車など、命にかかわる重大な事故につながるかもしれません。

ロードバイクに乗る前には、ガタつきがあるかどうか必ず確認するクセをつけたいですね~。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

↓応援クリックいただけると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


メンテナンス
スポンサーリンク
サラピエのSNSをフォローする
サラピエの自転車さんぽ

コメント

タイトルとURLをコピーしました