変速機の不調はワイヤーの張りで直る|ロードバイクのリアディレイラーを調整

メンテナンス

リアディレイラー(後輪の変速機)の調子が悪い・・・。

誰もが経験することですが、それは別に部品が破損しているわけではなりません。

たいていの場合は、インナーケーブルが張力で伸びていたり、アウターケーブルとパーツの接合部分が縮んだり、「ワイヤーの伸び」に起因していることがほとんどです。

悩む人
悩む人

しばらく自転車に乗っていると、うまく変速しなくなってきた。
シフト操作しても、ワンテンポ遅れたり、カリカリと異音がする。
自分で変速機の調整をしてみたい。

こんな方にオススメの記事です。

この記事で分かること

  • 自転車のリアディレイラーの変速調整のやり方
  • 変速がモタつく原因と対処方法
  • ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、スポーツ自転車全般に共通する内容。
サラピエ
サラピエ

ロードバイクが大好きなサラピエ(@sarapie)です。

自転車歴が長私が体験談をもとに解説します。

スポンサーリンク

ワイヤーの伸びはケーブルアジャスターで調整するだけ

普通に乗っていて変速の不調が起きた場合は、伸びた分だけワイヤー張り直しさえすれば問題解消されることがほとんです。

特別な工具や知識は必要なく、リアディレラーのケーブルアジャスターを少し回すだけ。

強いて言えば、メンテナンススタンドがあると便利です。出先やライド中のドラブル時には、自転車を逆さにすることで対応は可能。

シマノが推奨するディレイラーの調整方法

©SHIMANO

さて、今回ご紹介する方法はシマノが推奨するもの。

変速機を購入したら付属してくる説明書に記載されています。

基本に忠実に調整するだけ。

裏技なんてありませんし、素人だろうがプロのメカニックだろうが、やることは同じ。

今回はアルテグラの機械式11速(R8000シリーズ)で解説を行います。

トップ側から2段目に変速する

まずは、リアのシフターを操作してトップ側から2段目にする。

トップ側というのは、ペダルを漕いだときに一番重たいギア。スプロケで一番小さいギアです。

この位置にしてワイヤーの張りを調整。

リアのSTIレバーを遊び分だけ操作

その次に、リアのシフトレバーを内側に倒し込みます。

変速せずにレバーが倒れ込む「遊び分だけ」ですよ~。

「カチッ」と音がしてしまったら3段目に変速してしまっているので、リリースレバーで2段目に戻してください。

クランクを回転させ音鳴りを確認する

シフティングレバーを遊び分だけ操作(保持)した状態で、クランクを回転させます。

このときにチェーンが3段目に擦れて、カリカリと音鳴りがするように調整。

チェーンが2段目の位置にありながら、3段目に接触する状態がベストセッティングというわけ。

ワイヤーの張り具合の調整を繰り返す

後は、チェーンの音に集中しながら、クランクを回すのとケーブルアジャスターの微調整を繰り返します。

音鳴りがまったくしない

チェーンがトップ側に寄り過ぎています。

ケーブルアジャスターを反時計回りに調整して3段目に近づけましょう。

場合によっては、ワイヤーの張りが緩すぎるかもしれないので、元のケーブルを強く張り直したほうがいいかもしれません。

チェーン3段目変速してしまう

チェーンがロー側に寄り過ぎています

ケーブルアジャスターを時計周りに調整して3段目から離しましょう。

場合によっては、ワイヤーの張り強すぎるかもしれないので、元のケーブルを緩く張り直したほうがいいかもしれません。

問題なく調整できたら、ここで作業は終わり。

お疲れ様でした。

ケーブルアジャスターの役割

ちょっとここでケーブルアジャスターの役割を説明しますね。

その名の通り、ケーブルをアジャスト(調整)する役割のパーツです。

シフトケーブルとリアディレイラーを繋ぐ部分がネジになっているので、回転することによって伸びたり縮んだりします。

時計回り⇒ネジが縮む⇒ケーブルが緩くなる⇒変速機がギアのトップ側に移動

反時計回り⇒ネジが伸びる⇒ワイヤーが張る⇒変速機がギアのロー側に移動

変速機やアウターケーブルを交換する際には、アジャスターを最大限締めてから、ケーブルを固定するようにしましょう。

ワイヤーの伸びや転倒後の調整と対処

ここからはサラピエのお話。

私はレース設計のロードバイクに乗り、決戦ホイールと呼ばれるホイールを装着しております。

しかし、速さを競うレースイベントやエンデューロに出ることはなく、四季折々の景色を求めてまったりライドを楽しむのが好き。

なのに、なぜこんなロードバイクに乗っているかって?それは単純にカッコいいからだぁ!

その愛車の構図を増やすために、カーボンバイクにも使えるキックスタンドを使用しちゃってるぐらい。

壁や手すりに立てかけずとも、ロードバイクを主役に写真を撮れるので、凄くお気に入りなのですが、よくあるトラブル。

それが転倒・・・。

カーボンのロードバイク、風の影響を受けやすいディープホイール、軽量のスタンド。

ビューっと悪戯な風が横から吹き付けると・・・

あっーーーーー!!!

愛車が地面に叩きつけられるシーンは何十回と見てます。たぶん日本記録保持者じゃないかなぁ~?

そういうときに起きるのが変速機の不調なんですよ~(´;ω;`)

ケーブルアジャスターを1/4回転させるだけで解決

転倒後は、トップからローまでしっかりと変速するかを確認をします。

問題ないときもありますが、今回は変速がワンテンポ遅れてモタつくようになりました。

カチャ、カラカラカラ、カコンって感じ。

一番重たいギアと一番軽いギアにはしっかりと入りますので、ハンガーや変速機自体が曲がったわけではなさそう・・・。

というわけで、ワイヤーの張りを調整してみます。

さきほどの調整方法を実践しながら、音鳴りする部分を探ります。

カラカラカラ・・・・・。

うんっ!ちょうどいい感じ!

アジャスターの出っ張りが6時の方向にありましたが3時の位置に。

約1/4ぐらいを反時計回りしたたけで、変速のモタつきが解消しました。

カチャ、カコンって感じ。

もう本当に微調整で全然違う!

ワイヤーの張りだけで変速機を調整できないケース

ディレイラーハンガーが曲がった?

上記の方法で解決しない場合、考えられる原因は2つ。

転倒や落車で変速機を強く打ち付けてしまった時に疑われるのが、このディレイラーハンガーと呼ばれるパーツ。

ディレイラー自体が壊れないように衝撃を逃がすのが役割で、柔らかく曲がりやすくなっています。

全体が内側にズレるわけですから、どんなに調整してもうまくいかないことがほとんど。プロショップに行って修正(1度のみ)をしてもらうか、ハンガー自体を交換しましょう

ハンガーの部品代は1,000~2,000円ほど。ショップに交換を依頼すると工賃プラスで、4,000円ぐらいの出費になります。

よくあることなので、私は自分で3回交換済み。また、ハンガーの予備を2つ持っています。

可動範囲を調整するボルトがズレた?

次に考えられるのが、トップとロー調整ボルト緩んだパターン。

その場合は、リアディレイラーに埋め込まれている2つの調整ボルトをドライバーで再調整する必要があります。

しかし、変速機の取り付け時に稼働範囲を決めたら、よっぽどのことが無い限りズレないので可能性は低いと思います。

まとめ:ロードバイクのディレイラーを調整

最後に、本記事の要点をまとめました。

  • 日常的な微調整であれば、ワイヤーの張り具合の調整をするだけで十分。
  • チェーンをトップから2段目にセット。リアのシフターを遊び分だけ押し込みクランクを回す。チェーンの音鳴りがするまで、ケーブルアジャスターを微調整。
  • もし、それでも解決できない場合は、稼働範囲が狂っているか、ハンガーの曲がりを疑う。

ワイヤーの初期伸び、リアディレイラーやスプロケの交換、転倒や落車など、実はメンテナンスの機会が少ないのが変速機の調整です。

しかし、走行の快適性に直結する重要なパーツなので、シフト操作とギアポジションをしっかりとシンクロさせるよう調整しましょう

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

↓応援クリックいただけると嬉しいです↓

ブログランキング・にほんブログ村へ


メンテナンス
スポンサーリンク
サラピエのSNSをフォローする
サラピエの自転車さんぽ

コメント

タイトルとURLをコピーしました