【GARMINのナビ機能】スマホのアプリで簡単ルート作成する方法「Edgeシリーズ(130plus,530,830,1030)に転送」

▼自転車グッズ

こんにちは、サラピエです。

今回は知らなきゃ損するレベルの便利機能【ガーミンGPSサイコンのナビ化】をご紹介します。

先日、走った”ゆめしま海道”なんですが、初めてということもあり、道に迷う事もシバシバ。

「あれ~、グールグマップで見たら、この道を左折じゃなかったっけ?」

ルートが合っているかどうかも分からず走るのって結構ストレスですよね。地図の事で頭はいっぱい。そういう状況は、純粋に楽しくありません

一人でもこの有様なんですから、グループで引率していたりなんかしてたら、そうりゃあ~、もうっ!!

そんなストレスから解放してくれて、走りに集中できるオススメな方法。

事前にスマホでルート作成しておけば、ガーミンのGPSサイコンがルートを案内してくれます。全てはサイコンに身を任せればよいのです。

Edgeシリーズ(130plus、530、830、1030) ならば利用できる機能なので、知っておいて損はないですよ~。

▼関連記事はコチラ▼

スポンサーリンク

用意する物は2種類のみ

https://www.garmin.co.jp/

説明の必要がないほどメジャーなGARMINのGPSサイコン

ライバル商品も多く出ていますが、Edgeシリーズ(130plus、530、830、1030)がやっぱり購入の最有力候補の1つになるかと思います。

走行データをあらゆる角度から数値化(速度、ケイデンス、移動距離、タイム)するのは、普通のサイコンと同じです。

しかし、GPSサイコンの大きな特徴は、「走行データの全てを記録し、後に振り返れる」ということ。

走ったコースや、その時の数値の数々をデータ化としてストック出来るんですね。

GARMINのサイコンは、本体のみの販売と、センサー類(心拍計、ケイデンスセンサー)がセットになった物が販売されています。初めての人はセット、対応規格のセンサーをもっている人は、本体のみの購入でOKです。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥41,580(2021/10/21 23:17:47時点 Amazon調べ-詳細)

スマホと純正アプリのGarmin Connectを使用します。

ガーミンユーザーならば既にインストールしているかと思いますが、まだの人はこの際に入れておきましょう。

https://www.garmin.co.jp/

さて、サイコンをナビ化する方法はとっても簡単。公式HPにも紹介されています。

・・・・・・・

って、わかり辛っ!!なんなんっ!?このやる気の無さはっ!!

正直、ガーミンユーザーなら全員知っておくべき方法ですし、なんならクイックスタートの説明書に載せても良いレベルで便利なのに・・・。

しょうがない・・・。

サラピエコーチが皆さんに、手取り足取り腰取り、ねっとりとレッスンをして差し上げましょう。

アーユーレディー?

スマホでコースの作成

スマホを操作して【Garmin Connect】を立ち上げます。

右下の【詳細】をタップ。

画面上の【トレーニング】をタップ。

画面が切り替わるので、中央の【コース】を選択してください。

再度、画面が切り替わるので画面上の【コースを作成】をタップ。

走りたいと思っているコースの状況によってタイプを選択してください。

今回は舗装路を中心に選んでくれる【ロードサイクリング】をタップ。

自分で自由に道を選びたいので【カスタム】を選択。

自動は、「周回〇kmのトレーニングコース」などを生成するのに役立ちます。

始めに、画面下部の【丸いボタン】を押してください。

そうすると、画面中心部にスタートの起点となるポインタが出現します。

中心部に表れた【緑のアイコン】がスタート地点になります。

地図をドラッグ操作してスタート地点にしたい場所へ移動させる。

下部の【次へ】を押します。

今回の例として、ゆめしま海道の橋をスタート起点にしてみました。

あとは、同じ操作の繰り返し。

経由したい場所にポインタに合わせて、コースを作成していきます

こまごま作らなくても、道の分岐などで行きたい方向にポインタを置くとコースを自動選択してくれます。

画面下部に表示される右下アイコンで、コースの編集が可能。

左下のアイコンは、アンドゥ(1つ前の作業に戻す)機能。

島一周のコースを作成できました。

スマホの一番下から画面を上にスライドさせると、コースの詳細が確認できます。

距離や高度を確認できるのが非常にありがたい。

作成したコースに問題がなければ、右上の【保存】を押してください。

ご自身が判別できるようコースの【名前】を付けます。

今回は、人に見せるつもりはないので【非公開】を選びます。

GARMINデバイスへ送信

1つのコースが出来上がりました。

自転車旅やロングライドなど事前にコースが決まっているのならば、出発前に作っておきましょう。

お持ちのGARMINデバイス(私の場合はEdge530)に作成したデータを送るため、【右上のボタン】を押してください。

【デバイスへの送信】をタップ。

スマホと連動しているデバイスにデータが送られます。

この時に、デバイスの電源をオンにして、スマホとアプリを連動させておいてください。

これで、準備完了。お疲れ様でした。

あとは、ナビに従って走るだけです。

まとめ

Edgeシリーズ(130plus、530、830、1030) に使用できるこの機能、意外と知らない人が多いんです。

私は良い景色を求めて、コースを決めずに走るのが好きなのですが、目的地さえ決定すれば、めちゃくちゃ使う機能なんです。

特に便利に感じるのがヒルクライムの時ですね。

訳も分からず坂を上るより「あとどのくらい登るのか?どれくらいの勾配なのか?」が分かればペース配分に役立てれます。

もし、ガーミンサイコンをお使いで、知らなかったという人、ぜひお試しください。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥41,580(2021/10/21 23:17:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥63,580(2021/10/21 11:40:00時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

タイトルとURLをコピーしました