一番売れている自転車インナー|パールイズミのコールドシェイド ロングスリーブ

サイクルウェア

こんにちは、サラピエです。

梅雨が明けると待ちに待った夏!青い空に入道雲、夏らしい景色にテンションがあがります!

ですが、真夏のロードバイクは気持ちに反して消耗するのが体力。強い日差し、高い気温、日本特有の蒸し暑さ、熱中症の危険性と隣り合わせで汗を大量にかきます

そこで本記事では夏のライドに必須の自転車インナー「パールイズミのコールドシェイド ロングスリーブ」を紹介します。

これ、自転車用では一番売れているアンダーウェアになります。

スポンサーリンク

2つの生地を組み合わせたパールイズミの夏用インナー

コールド シェイド ロングスリーブの特徴は、真夏のライドを快適にする2つの生地を組み合わせたインナーであること。

どういう事かと言うと、スケスケの身体部分のインナーと、コールドシェイドのアームカバー合体させています。

半袖ジャージの下に着ることを想定したインナーで、腕の部分がUVカットの生地になっており、日焼けを防ぎます。

両袖部分に太陽光を遮蔽して衣服内温度の上昇を抑える「コールドシェイド」を生地に採用した夏用の日焼け防止ロングスリーブアンダーです。

ボディは汗を素早く吸収してベタつかず、肌はいつもサラサラに保つ「クールフィットドライ®」で着心地は抜群。

パールイズミ公式HPより

比較対象はモンベル、ミレー、パタゴアニの登山インナー

普段、私が使用しているアンダーウェアは登山用の物ばかり

ミレーとモンベルの物は、半袖なのでアームカバーと組み合わせます。

  • ミレーのドライナミック メッシュ
  • モンベルのジオラインクールメッシュ
  • パタゴニアのキャプリーン1(現行品はデイリー)

どれも薄く着心地が良いので性能には満足。大量の汗でもよく排出してくれて、肌をドライに保ってくれます。

ただ「半袖+アームカバー」が煩わしく感じるときもあり、よくよく考えれば1日中つけっぱなしという事も多いんです。

サラピエ
サラピエ

えっ?

アームカバーと組み合わせたインナーなんて最強じゃん!

というのが、購入の動機。

コールドシェイド ロングスリーブのレビュー

UVカット生地の腕部分と、吸汗速乾メッシュ生地の身体部分

コールド シェイド ロングスリーブは、

  • 腕部分(上側):UVカットと温度上昇を抑えるコールドシェイド
  • 腕部分(下側):高い通気性を持つ吸汗速乾のメッシュ生地
  • 身体部分:透けるほどのメッシュで通気性を確保したクールフィットドライ

という、UVアームカバー吸汗速乾インナーを組み合わせた、機能的なデザインとなっています。

腕の上側と肩から首回りにかけても、コールドシェイドが使われています。

ただ、これは日焼け対策というよりかは、着用時に生地が破れにくくするための配慮かと思います。

普通のメッシュ生地は、腕の下から脇にかけて採用。

UV機能と吸汗性と速乾性を組み合わせ、さらに耐久性まで考えられた造りになっています。

コールドシェイドどコールドブラックを比較してみて

パールイズミの夏モデルに採用されるコールドシェイド。

黒い生地でありながら、太陽光の熱を遮断、衣服内温度の上昇を抑え日焼けも予防してくれます。

まさに魔法の生地!!

  • 直射日光の熱を遮断し、ウェア内の温度を下げる
  • UPF50+という優れたUVカットで日焼けを予防
  • 吸汗速乾性が高く肌面はサラサラ。
  • 抗菌防臭で、いやな臭いの発生も抑える。

袖もぴったりと空気抵抗を抑えたフィットでバタつかず、まるでアームカバーを身に着けたような感覚。

手持ちのコールドブラックと比較してみて違いは感じません

強いて言うなら、コールドシェイドのほうが自然な黒さ。コールドブラックは青い黒さでした。

このコールドシェイドという生地は、ヨーロッパの企業が開発したもので、黒色なのに太陽の光と熱を吸収しないという特性があります。

以前のコールドブラックは変色が酷く、パールがコソッとコールドシェイドにモデルチェンジした経緯があります。

生地のデメリットは、ザラザラした感触と伸びの悪さ。ここは改善されてはいませんでしたね~。

身体部分のクールフィットドライ

見頃部分に採用されているクールフィットドライは、体に優しくフィットする優れた伸縮性をもちます。

このメッシュ生地のすごいところは薄さ

ハニカム構造のような穴と透けるほどの薄さで、汗を大量にかいても「ベタつかない」「張り付かない」で非常に快適。

素肌に近い感覚なので、真夏でも不快感が少ないんです。

タイトフィットなのでサイズ選びに注意

このアンダーウェアの最大の注意ポイントがサイズ感

商品説明でもタイトフィットと記載されているようにかなりキツめです。

私は、モンベルならMサイズ、パールイズミならLサイズを着ていますが、この商品に限ってはXLでジャストサイズ。

ネットの口コミでも、多くの方は1サイズ上を購入していますので、試着出来ない方は注意を。

あとは「腕全体の着用しにくさ」も、購入前に理解しておきたいですね~。

ロングスリーブの二の腕までは、他のシャツと同じ感覚で着れるのですが、そこから一気にタイトさを感じます。

全く持ってアームカバーそのもの!ここは次のモデルで改善して欲しいところです。

向く人・向かない人がハッキリ分かれる

シャツとアームカバーを組み合わせた画期的な商品ですが「サイズとタイトさ」から、好みはハッキリ分かれるかと思います。

オススメできる人
  • コンプレッションのアンダーウェアが好きな人
  • レースイベントなど空気抵抗を意識したい人
  • アームカバーのゴム部分の締めつけが嫌いな人
オススメできない人
  • ゆったりとした着心地が好きな人
  • ポタリングなど日常生活や街乗りで着たい人
  • アームカバーのゴム部分が気にならない人

コールドシェイドやタイトフィットに魅力を感じない人は「クールフィットドライ UV ロングスリーブ」を検討してみてください。

こちら余裕のあるサイズ感。

似たような見た目なので、ネットショッピングでは分かりにくいですが、見分けるポイントがあります。

パールイズミの型番なんですが、キツいほうが「110」ゆったりが「118」と表記されています。

コールドシェイド ロングスリーブ|夏に着るべき必須のインナー!

実はパールイズミのインナーを購入するのはこれが初めて

タイツ、アームカバー、レッグカバーで散々お世話になっているのですが、登山用インナーのほうが好みで、どうしても手がでませんでした、

しかし、購入してみてコールド シェイド ロングスリーブ売れている理由がよく分かりました。

吸汗速乾性や防臭性などを備え、イクリストが欲しい機能がちゃんと盛り込まれています。

ただし、サイズ感がタイトフィットに設計されているのは要注意。いつも購入している物のワンサイズ上がいいかと思います。

初めての高機能アンダーウェア(インナー)を検討している人にはオススメできる造りでした。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

合わせて読みたい

パールイズミ アームカバー&レッグカバー「紫外線は春から上昇」

ミレー アウンダーウェア(ドライナミックメッシュ)「1年中快適。空気を着る下着」

【レビュー】ワークマン サイクルジャージが1,500円で買える「自転車界のユニクロ、性能はモンベル並み?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました