【マルゴサイダー】テレビにも紹介された後藤鉱泉所のご当地グルメ|しまなみ海道向島

しまなみ海道

広島県尾道市は、「坂道のある街」として有名な観光スポット。

その尾道市街から渡船で対岸に渡ったのが、しまなみ海道の1つめの「向島」になります。

サイクリングコースの出発地点なので、通り過ぎる人が多いのですが、ちょっと待って!!

ビートたけしのTVタックル」や「マツコの知らない世界」でも紹介されたことのあるご当地ジュースがあるのを知っていますか?

この記事では、しまなみ海道・向島の「後藤鉱泉所」マルゴサイダーを紹介します。

スポンサーリンク

後藤飲料水工業所(後藤鉱泉所)とは?

後藤鉱泉所は、昭和5年(1930年)創業の老舗の飲料水メーカー。

現代では珍しくなった「昔ながらの瓶入りサイダー」を製造しているお店です。

リサイクル瓶を使用して、昔懐かしい味にこだわっているとのこと。

昔から観光客には人気のあったスポットですが、サイクリストにも口コミが徐々に広がり人気が出てきております。

ノスタルジックな店内で休憩&補給

店内に入って一番最初に感じるのは「懐かしさ」。

学校の帰りの道草をした駄菓子屋、夏に帰省した地元にある駄菓子屋、そういう雰囲気が漂っていました。

店内に積まれているビール瓶の箱。おっと、正確に言うと「瓶入りジュースの箱」かな?

サザエさんで良く見る、三河屋のサブちゃんが持ってくるヤツじゃん!

店内には創業から使用している物がチラホラ。

90年以上という歴史の長さにロマンを感じる~。

店内で販売されている瓶入りジュース各種

ジュース類の瓶は、今では製造されてない貴重な一品。

リサイクルのため瓶は返却する必要があります。「洗ってまた使用する」というのが昭和の時代ならでは。

店内で飲めるジュース

・ラムネ 200円
・サイダー 250円
・ミルクセーキ 230円
・コーヒー 230円
・オレンヂジュース 230円
・クリームソーダー 230円

昔ながらの冷蔵庫で、ドリンクが悪魔的に冷えてやがる!

夏場はキンキンに冷えたサイダーをグイっと飲むのが堪らないんだな、これが。

もうペリカを全部使っちゃえ!

ジュースの販売だけでなく、マルゴグッズが充実していることにビックリ!

Tシャツ、トートバック、ステッカー、缶バッチ、etcいろいろあったので、お土産にいかがです?

テレビにも紹介された名物「マルゴサイダー」

商品が多く迷ったので、店員さんにオススメを訊くと、一番人気はマルゴサイダーとのこと。

初めての場所ではチャレンジするより王道を選ぶサラピエ。

先ほど、「瓶は貴重なため店内のみ」とご紹介しましたが、持ち帰り用のサイダーもあるため、そちらをチョイス。

  • マルゴサイダー店内用340ml、250円
  • マルゴサイダー持ち帰り用200ml、350円

味は同じなので、店内で飲んだほうがお得です。

ただ、思い出づくりに瓶を持ち帰るのもいいですよ~。

というわけで、冷蔵庫で冷やし後日、試飲。

お~、瓶のフタにはマルゴを意味する数字の5が記載されています。

もともとは、単純に「サイダー」と呼ばれていたそうですが、創業の昭和「5」年と、後藤鉱泉所の「ご」をかけて “マルゴサイダー” に改名したとのこと。

テレビ番組で紹介されて以降、その名で定着したんですって。

それではグビッと一口。

強めの炭酸でシンプルな味。

・・・・うん、後味がスッキリとしていて美味しいっ!

それもそのはず!

炭酸水は自家製で、向島の新鮮な水と砂糖を使用し、50年以上同じレシピで作られています。

生口島のレモンを使った「怪獣サイダー」

生口島の瀬戸田は国産レモンの生産量1位。

そのなかに大きくゴツゴツした見た目のブランドレモン、その名も「怪獣レモン」があります。

飲料向けに特化して開発されており、農薬を極力使わず、皮まで食べられるという糖度の高さが最大の特徴。

そんなレモン果汁を使った商品が「怪獣サイダー」。

レモン果汁を10%も使っており、添加物には出せないレモンの風味を味わえます。

お値段は450円と少し高いですが、観光ってことで財布の紐を緩めても後悔はしませんよ~。

ちなみに、「怪獣レモン」を表現した化石オブジェが生口島の多々羅大橋手前にあります。サイクリストは記念撮影をしましょう。

後藤飲料水工業所(後藤鉱泉所)までのアクセス

お店までのルート

尾道から渡船で向島に渡った風景がコチラ。

多くの人が今治までの75kmの道のりにワクワクしているかと思います。

が、ちょっとワクワクを抑えてみませんか?

順路は右折ですが、後藤鉱泉所に行くには左折します。

24時間営業のハローズ向島店を直進して通過。

飲み物や補給食を購入できるので、便利ですよ、ここ。

直進していくと川があると思うので、その手前を更に左折します。

すると閑静な住宅街になり、少し進むと左手にお店があります。

ちょうど今、車が走っているあたりがお店の場所。

初めてたど少し迷うと思うので、「エブリィ向島店」「ひまわり向島店」を目指すといいかもしれません。

お店の基本情報

基本情報
  • 住所:広島県尾道市向島町755-2
  • 電話:0848-44-1768
  • 営業時間:8:30~17:30
  • 備考:不定休

しまなみ海道を走るときって、結構早朝からだったりしますよね。

営業時間と休みには気を付けてください。

まとめ:尾道にある後藤鉱泉所でジュースを飲もう

昔なつかしい瓶入り「ラムネ」「サイダー」が飲める後藤鉱泉所。

「ビートたけしのTVタックル」や「マツコの知らない世界」でも紹介されたことのあるマルゴサイダーが名物です。

しまなみ海道の向島にお店があるので、サイクリングのスタート前やゴール後に最適。地元でしか味わえないグルメを、ぜひ楽しんでみてください。

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

合わせて読みたい

【向島の観光・グルメ】しまなみ海道を自転車でサイクリング①|モデルコース

しまなみ海道を完全解説!サイクリングのスポット|観光・食事・グルメ・スイーツのまとめ

しまなみ海道の距離と所要時間は?自転車やサイクリングの目安

コメント

  1. 高野 智宏 より:

    ご当地物ってテンション上がりますよね^^もう来れないかもって思っただけで財布の紐が緩み、食べ過ぎてズボンのベルト穴も緩み…
    サラピエさんの名前って何かから付けたんですか?沙羅さんがぴえん…で「サラピエ」とか…気になってしまいまして^^

    • サラピエサラピエ より:

      それがサイクリングや観光の醍醐味ですよねぇ(^^♪

      特に名前に意味はありませんね~。
      好きな言葉を足してアナグラムした感じです。

タイトルとURLをコピーしました