【レビュー】パールイズミのインナーショーツ|レーパン着用に履く下着

サイクルウェア
一般人
一般人

「えっ!?レーサパンツやインナーパンツって、直接履くんですか?」

自転車を始めて、サイクルウェアに興味が出始めると、みんな経験する驚きですよね~。

当然ながら、私も最初は違和感や恥ずかしさがあったのですが、いつの間にレーパンの直ばきが当たり前になってしまいました。

しかし、よくよく考えてみると最初は薄手やシームレスの下着をつけて乗っていたと思い出したんですね。

なので今回は、パールイズミの「サイクルパンツ用のインナーショーツ」をご紹介します。

レーパンの直ばきに抵抗があるサイクリスト向けに開発されているのでオススメですよ。

スポンサーリンク

そもそも自転車用のインナーショーツとは何か?

サイクルパンツやレーパン着用時に使用する下着

陸上や水泳など体にフィットするユニフォームを着る競技の場合、それらの下に着用する専用のウェアがあります。

サイクルウェアでもマイナーながら存在しているのがインナーショーツ。だた、自転車用の物は機能や性能からではなく、気持ちの側面から使用する場合が多いと思います。

ちなみに、「レーパンって何?」という方はこちらをご覧ください。

レーパンを直ばきするか?下着を着用するか?

引用:パールイズミ公式HPより

さて、この「レーパンを直ばきするかどうか?」問題なのですが、ロードバイク界での一般的な認識は「イエス」というのが答え。

理由としては、下記が挙げられます。

【下着を着用した場合のデメリット】

  • レーパンの生地やパッドの性能が活かせない。
  • 下着の縫合部の違和感・スレ。
  • 2枚履きによる締め付け感・不快感。

軽量ロードバイクなのに重いカメラ持って行っちゃたり、スタンドを付けちゃう異端児のサラピエでも、上記の理由にはおおむね賛成。

汗・着心地・快適度の問題から下着を履かない方が、快適にライドを過ごせるのは経験済み。

ただし、初心者やビギナーの「直ばきはちょっと…」と抵抗を感じる気持ちも痛いほどわかる!

インナーパンツの時にも言いましたが、楽しく乗るには羞恥心を感じないのも大切な要素

自転車界の常識や同調圧力に屈する必要はありません!履きたきゃ履いちゃいましょう!!

引用:パールイズミ公式HPより

という熱い思いに応えてくるのが、我らがパールイズミ。

レーサーパンツの直ばきに抵抗があるサイクリストに向けて開発された「メッシュ インナーショーツ」という物があります。

快適さを保つためにギリギリまで薄い生地を使っているので、サイクリングやポタリング、通勤や通学、万能に使えそうです。

パールイズミ|メッシュ インナーショーツ

インナーショーツの見た目・製品情報

引用:パールイズミ公式HPより
インナーショーツの製品情報
  • 柔らかくフィットしてラインが響かない裾を折り返さない一枚仕立て
  • 吸汗速乾性に優れ通気性良いメッシュ素材:ラッセルメッシュ。
  • 前側センターに縫い目がない仕様。太腿が動かしやすくペダリングがスムーズ。

私が下着(インナーショーツ)を履かなくなったのには理由があります。

それは「専用品ではなかった」から!

全体的な締め付け感や縫合部分によるスレで、快適に自転車に乗れなかったんですよね~。

長時間になればなるほど、下着が汗を放出できず、肌をドライにキープできなかったも不満でした。

しかし、パールイズミのインナーショーツは、一般的な下着に感じる不満点を全て解消してくれています。当時にこれがあったら下着派になっていたかもしれません。

ユニクロのインナーパンツでは代用できない

引用:パールイズミ公式HPより
インナーショーツの特徴
  • シルエットが響かず、はき心地が良い極限まで薄くした縫い目
  • 股部分の内側は、サイクルパッド表面素材と同じ肌触りの良い微起毛素材を採用。
  • ペダリング時の股ズレを防ぐよう配慮した縫い目位置。

特に秀逸に感じた部分がコレ。直ばきに抵抗を感じる股の部分、サイクルパッドと同じ素材を使用しているのは、さすがサイクルウェアメーカーと感じましたね~。

更に、ショーツ全体が極限まで薄く造られているので、汗で不快に感じることはないはず。

希望小売価格は¥3,630(税込)

引用:パールイズミ公式HPより

素晴らしいアイディアかつアイテムなのですが、ネックになるのが価格。

メーカーの希望価格は3,630円、Amazonならば約3,000円で購入可能。

なんですが・・・・下着1枚に3,000円。これを高く感じるかどうかは人それぞれですよね~。

初心者の「直ばきは嫌」という抵抗感中級者以上の「性能や機能を落としたくない」という2つの意見を両立しているため、脱ビギナー後も使用用途はあると思います。

レーパンの直ばきに抵抗を感じるサイクリストならマスト

引用:パールイズミ公式HPより

今回はパールイズミのインナーショーツをご紹介しました。

ロードバイクの世界って速さや軽さを追求するので、「○○はこうあるべきっ!!」っていう暗黙の了解的なものが数多く存在します。

レーパン着用時下着」についてもプロや雑誌、ブログやSNSで「直ばきがデフォ」と言われますので、そんなものかと慣れていった方がほとんどじゃないですかね~?

しかし、昨今の自転車人気で、新規参入者が増え、一般の感覚や意見などが広がりつつあります

「好きな自転車に好きな風に乗ればいい」と多様性が認めらのは既存ユーザーにとっても喜ばしいこと。

そういう意味では、今回のインナーショーツは自転車メーカーやウェアメーカーに「ライト層の普通の感覚が届いた良い商品だと思います。

またベテランにとっても、自転車旅やブルベなど、レーパンを頻繁に洗濯できない場面で活躍してくれるので、これからの季節に1枚いかがでしょうか?

合わせて読みたい

【自転車のウィンドブレーカー】軽量・蒸れない|パールイズミのストレッチウィンドシェル

パールイズミ アームカバー&レッグカバー「紫外線は春から上昇」

ミレー アウンダーウェア(ドライナミックメッシュ)「1年中快適。空気を着る下着」

【ワークマンのジャージ】 1,900円のサイクルウェア 「3シーズン使えてコスパ最高」

コメント

タイトルとURLをコピーしました