【しまなみ海道④】大三島をサイクリング「多々羅しまなみ公園・よし川の海鮮丼」

しまなみ海道

こんにちは、サラピエです。

しまなみ海道サイクリング4回目の更新。今回は大三島に上陸します。

前回は、レモンで有名な生口島のグルメと観光をまったりと楽しみました。まだこの時点では、どこまで走るかは未定。私たちは、このまま今治までいってしまうのか~?

今回も過去picを含めつつ、大三島編スタート!

▼前回の記事はこちら▼

スポンサーリンク

しまなみ4つの島:大三島(愛媛県今治市)

生口島と大三島を結ぶ「多々羅大橋」

レモン谷休憩所(生口島)の怪獣オブジェで撮影会をしたあとは、多々羅大橋に渡ります。

この橋ですが、しまなみ海道で唯一の特徴を持っています。私が大好きな因島大橋天空のサイクリングコース来島海峡大橋ですら持ちえない特徴。

それは・・・。

広島~愛媛の「県境」ということ!

自転車乗りは、みんな県境ハンターだから嬉しいよね?

私が走ってきた中でパッと思いつくのは、長野~群馬の「渋峠」、愛媛~高知の「四国カルスト」、福岡~山口の「関門トンネル」、しまなみ含めてどこも良い場所でした。

向島に上陸した時点で四国に入っているイメージたったけど、今までは本州じゃったんなぁ。これからは、愛媛弁しゃべらんといけんわ。

「お腹空いた~、むつこくない料理食べたい~。疲れてきたから走るのたいぎ~。」

しまなみ海道全域が自転車の聖地とされていますが、その中でもサイクリストの聖地を名乗っている場所があります。

高田延彦さん風に言うならば、「自転車の中のサイクリスト、出てこいやっ!」みたいな感じ。

しかし、ほかの島を差し置いてこんなこと主張していいのかね?6島による全面抗争にならないかね?

おすすめ観光「サイクリストの聖地 多々羅しまなみ公園」

橋を降りてすぐの場所にある休憩スポット。橋の奥が生口島で怪獣レモンがあった場所です。

しまなみは撮影場所が多すぎて、嬉しい悲鳴があがりまくり。「まったく足が進まない・ホイールが進まない・路が進まない。」

さて、定番の場所である「サイクリストの聖地碑」で写真を撮ろうかね~。

全サイクリストがここで記念写真を撮るわけだから、もはや儀式といっても過言ではない。郷に入れば郷に従え。私も石碑に自転車を立て掛けて、儀式に取り掛かります。

ここでの構図や距離は、もうすでにルーティン。自分の中でのテンプレを実行し、メンバーに順番を譲ります。

サラ:「お次どうぞ~。・・・あれ?」

振り返っても誰も居ません。私の声が虚しく空に響く。メンバー達は後方でカメラを構えてました。

サラ:「なんで、そんなところで撮ってんですか~w」

メン:「だって、こっちのが良い風景なんだもん。」

サラ:「え~、そんなわけな・・・あっ、ほんとだぁ~!」

三人いれば文殊の知恵といいますが、1人より2人、2人より3人、ソロでは気付けないことがありますねぇ(;^ω^)

ただし、この位置は、限られた者にのみ許される場所。ロードバイクなのに恥も外聞も気にしない、常識に捕らわれないスタンド使いの特権なのだ!ちなみに私は、これを使ってます。

▼関連記事はこちら▼

ルートの作戦会議「今治を目指すか?折り返すか?」

時刻は12時過ぎ、距離にして片道75kmの中間地点にいます。ここで今後をどうするかの作戦会議。

  1. 道の駅で食事をして、今治を目指し、その後復路。(走行距離140km
  2. 大三島のどこかで食事をして向島に戻る。(走行距離70km

パターン1だと、今治到着は夕方。暗い中、復路70kmを走らなければならない。速い人だと、もう今治観光してるでしょうから。

というわけで、今回はパータン2を採用。

大三島の他の場所で食事をし、外周ルートを走って起点に戻ります

レストランでの食事はオススメしない!

とその前に、ちょっと個人的なアドバイスを。

多々羅しまなみ公園は、好立地ということもあり、観光客やサイクリストで非常に賑わう場所です。日本全国にある道の駅(約1200か所)の中で、上位ランキングに入るくらいですから、その人気が伺えます。

また、サイクリング途中だと、休憩や食事にちょうどいい場所なんです。しかし、ココでの食事はやめておけと私は主張したい!

道の駅でひときわ目を引く魚のオブジェ。これ、高級魚とされる「マハタ」で、ここの名物らしいんです。大きな大きな水槽に所狭しと養殖されています。

瀬戸内海の海産物がマズイはずがない」ってことで、以前、喜び勇んで食べたのですが・・・。

じゃらんニュース:【しまなみ海道近郊・広島】フォトジェニックな旅スポット17選より引用

注文したのはマハタ薄造り御膳1,950円。ちょっと高いけど、美味しければ問題なし~。こういう時は財布の紐が緩む不思議。

漁捕が少なく市場に流通していないため、知名度は低いものの食通の間では幻の高級魚と呼ばれています。肉質は独特の歯応えがあり、クセのない白身

美味しそうに撮影されている定食ですが実際にはヒドイ状態でした。

刺身は透けるほど薄い+あら汁は生臭い=「観光地のボッタクリ価格が成り立ってしまった。満腹感もなければ、満足感もない!

店内は満席になるぐらいの混雑っぷりですが、味に落胆して写真を撮り忘れる始末。

撮影するために、再度訪問するのなんてまっぴら御免だね!

マハタを大三島で食べるぐらいなら、今治市街地で「鯛」を食べましょう。流通しないには理由があります。

フードコードの食事もオススメしない!

お口があまりにも寂しいので、外のフードコートで追加注文しました。

今治名物の焼豚玉子飯

500円ぐらいだったかな?これもめちゃ小ぶり。味は最悪、焼豚もタレも米もまずかったぁ~。今治名物は今治市街地で食べようぜ!

「久々に・・・キレちまったぜ・・・っっ!」

多々羅しまなみ公園の風景は素晴らしいですが、食事環境は最悪

一見の客が多く来るので、足元を見た商売をしているように感じました。

人気過ぎて土日は休む!「大漁」

記事では、憤怒のサラピエになっていますが、実際のライドでは目的地を想像しワクワク♫

通常ルートなら大三島を南下していきますが、我々は21号線を通り、島の西部を目指します。少しのアップダウンを繰り返し、走る事6.5km。右手に海鮮丼で有名な大漁」が見えてきました。

ここも昔は美味しかったのですが、知名度にあぐらをかき、その品質はどんどん低下。しまいには人気過ぎて土日を休む始末

大漁もサイクリストには絶対おすすめしません。なぜなら、平日でもオープンが11:30だから。

あっ、また憤怒のサラピエが出てきそう・・・。

全国にある山祇神社の総本社「大山祇神社」

でも!どうしても!大漁で一回は食べてみたい!」って人がいたら、目の前にある大山祇神社で散策しましょう。

宝物殿や敷地外にある生樹の御門(いききのごもん)は、見応えがあるので時間潰しにちょうどいい。

レモンバイクの件からも分かる通り、こんな事ばっかりやっています。んん?何をやっているか分かりませんか?阿吽像に合わせて、リアル阿吽やってんのよ!(*’▽’)

ちなみに、2019年放送のテレビ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」でゲストの反町隆史さんが登場したのも、この場所。

成功したら願いが叶うということで、息を止めてこの樹木の周りを回ってました~。

▼関連記事はこちら▼

おすすめグルメ「瀬戸内海の島レストラン よし川」

さらに進むこと800m、目的地の「よし川」が見えてきましたぁ~・・・ってあれーー!

いつもは、こんなに混まないのになんで~!?

まぁ、他に選択肢もないからしょうがない。待ちますか・・・。どうやら大漁目的の客が全員こっちに流れてきたらしい。

回転は思いのほか早く20分ほどで店内に呼ばれました。

目の前に今治市大三島支所があるので、平日の昼間は地元の住民で賑わいます。日替わり定食を始め、何を食べても美味しい

観光客向けに、ちょっとお高めの御膳料理も用意されてます。

お目手当の海鮮丼定食1,400円がきたぁ~♪

+300円でネタと米が追加される大盛にしました。6種類の海鮮の中心には、卵の黄身が輝いています。食欲をそそるなぁ~。

黄身を崩し、醤油を投入!

海鮮丼と卵の組み合わせって珍しいですけど、お互いが邪魔をすることなく、美味しい!

大漁と比べて3倍のお値段になりますが、味はもちろんのこと、店の雰囲気、待ち時間を含め、良い食事処だと思います。(今や穴場でないのが、残念ですが・・・)

▼関連記事はこちら▼

サイクリストにおすすめ「大三島の外周ルート」

よし川で食事を終えた後は、大三島の北にある外周ルートを走って戻ります。

21号線は山の中でしたが、こちらは瀬戸内らしい海の風景を楽しめます。海岸線に出るまでは、大きな坂道があるので、それぞれのペースで登ることに。

「最高のコースにご機嫌!」と思いきや、メンバー2人は「サイクリストが少なくて寂しい」との事。

賑わいがあるほうがお祭りっぽくて好きなのか~。コースの選択を間違えた(>_<)

設備が充実している「ファミリーマート多々羅大橋前店」

道の駅の手前にあるファミマまで戻ってきました。食後すぐに店を出たので、お腹が苦しい~。テラス席があるのでしばらく休憩しましょ。

夏場だと、青い景色を見ながら、日陰で座れるのが最高なんよ~。

あと、店内には、自転車グッズが販売されていますので、万が一のトラブルにも安心。こういうのも聖地っぽいでしょ?限定ジャージとかも売ってたりするんですよ。

んん?

パナレーサーのタイヤとチューブをよくよく見てみると・・・。

Cycle Sport : 新製品情報より引用

柑橘類をイメージした「しまなみ海道」限定のデザインが、プリントされています!

爽やかなデザインでお洒落~♪お洒落~♪タイヤはちょっと欲しい~。

しかし、ここである重要な事に気が付きます。

・・・

お洒落なんですけど、チューブのデザインってさぁ・・・装着したらプリントが見えないじゃないですかぁ!

見えない箇所もオシャレするって、旦那、ちょっと上級者向け過ぎません?

暗くなる前に向島を目指す

あとは来た道をひたすら戻る。日の入りが早く、暗くなるのが早い~。急げ~、急げ~!

来た時の観光気分はスッカリと抜け、淡々とペダルを回します。もう作業しているのと一緒。復路は、まったく写真を取らなかったので貴重な1枚。

なんとか暗くなる前に帰って来れたぁ~。

15時を過ぎると気温は下がってきて、体に受ける風が冷たくなってたので、今治ルートを選択しなくて正解でした。

だって、もし行ってたら、この時間帯から70km走るんでしょ~?(; ・`д・´)

この後は、各自、車載の準備をして家路につくことに。今日1日お疲れ様でした~。

まとめ「しまなみ海道 大三島サイクリング」

今回は、大三島のグルメと観光の様子をご紹介しました。

本来は「しまなみ海道に海鮮丼を食べに行ってきた」という内容で、1~2回のブログ記事にするつもりだったんですが、アレもコレもと記載していたら、4回更新するハメに・・・(>_<)

それでも、まだまだ紹介しきれてない部分も多く、しまなみ海道の魅力を再認識させられました。

日帰りで150km往復する場合、取捨選択が大事なので、ご自身の興味のある場所だけを散策してみてください。ゆったりのんびり観光とグルメを堪能するには、最低でも一泊二日で巡ることをオススメします!

それでは、今回はここまで。
最後までブログを読んでくださり、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました